FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の天鳳

過去の栄光

まずはこちらをご覧ください。
2009年8月の段階での天鳳の記録で御座います。
何これやばい。変態みたいな記録です。
いやーもうどうやっても和了れちゃうもんで、ねぇ。とにかく常勝って感じでした。

しかし。諸々あってOSを再インストールした際、パスワードを紛失してしまい記録が消えたのですよ、
以降新たなIDでは挫折の連続、
連帯(1か2位になる事)は5割を割り込み、レートも1600代をうろうろ、平均得点は+2.00前後が良いとこでした。
原因は東風戦でやっていた事、に起因するのではないかと思っている。
この天鳳というネット麻雀、昇段するとよりレベルの高い人たちと打てるのですよ。
昇段ポイントをためる為、には、東風戦の方が効率が良いので…
昇段を焦っていたのか、そればかりやっては不運に打ちのめされ。

今月は東南戦、でずっと打っていたのです、したらば

4月の奇跡

何これやばい。
まぁ過去の戦績に引きずられて、通算平均得点は+4.00強、レートも1800弱とぱっとしませんが
(4段でレート1800以上だと次のレベルで打てるのです、早く行きたくてうずうずしている)
この勢いはまさに鬼神のごとき、で御座います。

GW中、はある程度自粛しなければ
麻雀に浸かってしまう !
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

お菓子を買う、という事

・お金がなくなる
・太る
・食べながらPC見ちゃうから勉強の時間がなくなる

何一つ良い事なんてないじゃないか!
もう買わないぞ!特にスナック菓子!

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

夜を駆ける、久しぶりに

夜中に出身中学の外周を走るというのをちょいちょいやっていました、高校時代から。
何でしょう、体力をつけるという明確な目的があった事もあったし、何か走りたくなったからっていう事もあったし。
今日は両方でした。
というのは、痩せる(痩せる)目的の為走ろう走ろうとは思っていたのですがなかなか、ねぇ。最近寒かったですし雨も降っておりました、し、本読まなきゃいけないしで敬遠していましたが。今日は走ろうと思ってしまったのでね。
大分久しぶりで御座いました、いつ以来かしらねぇ

夜中に外に出る事、と走る、という事。普通はどちらもなかなかやらないもので御座います故ああもうそれだけでにやにやしてしまう。風も匂いも気持ち良いですよ、是非。皆様に。も。推奨。
苦しかったですかなり。750mで高低差の激しいコース、ラスト前の超・勾配で体力を奪われるんだ、
スパートかけて乗り切ろうとしたら自滅してしまった 流石に険しい顔にならざるを得ないのだけど内心にやにや
なんか昔より楽しく走れた気が致します、やはり少し前、とは世界の見え方が違うらしい

新しい風を取りこむと思考もリフレッシュ致します、ええやはり定期的に走り出しましょうかね、そうしましょう

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

しゃくとり虫ブラザーズ/嗚呼形骸化/フランス語を学んでおります

しゃくとり@箱根山

しゃくとり虫に久しぶりに出会いました。と思ったらぱっと見地面に5、6匹くらいいた。
しかし可愛い
タイトルは「口をついて出てきた何か語感の良い言葉」
なんだろうこれはと思ったら、昔「おはスタ」でやってた『ヨシモトムチッ子物語』の登場人物(?)でした。
モデルはココリコ。

/

現状維持などというものはありません、
仮にその様な意識があるとしたら、間違いなくそれは多少とも下降線をたどっているのです

と、思い始めたのが高校入ってすぐくらい。ワタクシそれ以降、脱現状維持を志向しております。
(その割に保守傾向にあるってアンビヴァレント、ね)
故に形骸化という言葉には敏感なので御座います!

緊張して行っていた事、に慣れて、その行為が身体に落とし込まれると形骸化していきます
例えば、台詞を喋る事。
自然状態で行っていた事、に意識が向いて、その行為を意図的にし始めると形骸化していきます

定形化、とは紙一重ね。
重ねる毎に深みを増す表象も御座いましょう、
どういう事なのかしら。

いや、何が良いたいかって僕のブログの文体が形骸化しているという話
最初は面白かったんだけどなぁ

/

語学は嫌いです
と言い続けておりました、
どうしても知識の収集とか思考の練磨に意識が向いちゃって、出来る事なら語学なんかやらずに生きていきたいと思っていたのですが、進学を考えいる身で御座います、避けては通れないだろうと今年度から本格的に学び始めました、フランス語。

いやこれが楽しいのなんのww

元々イタリア語は一年やっておりました故、文法がかなり似ているという事もありかなりスイスイと落とし込めている、というのもあるのですが
周りは1年ないし2年仏語を勉強した人たちが取る様な授業に出て、分からないなりに頑張っていくっていうスタイルが心地よくて仕方ない。「初学者です」って主張する快感。「初学者ですがここまでできます」って快感。

動詞の活用も伊語より単純で覚えやすい。そしてやはりシステマティックな暗記作業ってのは嫌いじゃない。
いかに効率化を図るか、とか考えるのも楽しい。持論ですが語学(文法)は理系の人間の方が得意。
ワタクシ頭の構造はどちらかといえば理系寄りなのです、いやぁ良いねぇ

…半年後にフランス語好きって言ってたら本物なんですけどねぇ

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

むしろ悟ら ない

授業で聞きかじったり多少の本を読んだ限り、での知識でしかないから
多分に間違った解釈をしている可能性もあるのだけど
とりあえず書きます、

涅槃(=悟り)というのもいくつか種類が御座います

説一切有部、所謂小乗仏教の示す有余涅槃/無余涅槃。
余りである「身体」、それに伴う欲を残した不完全な悟り、が有余涅槃。
煩悩を断ち切った修行者とされる阿羅漢も、まだこの段階。
彼が死ぬと無余涅槃の境地にたどり着く事ができるのだ!
とかね。
詳しくはー…粗が出てくるだろうので自分で調べてみて下さい、今日の本題はここじゃないんだ。

大乗仏教は更に二つの涅槃を加えて、四種涅槃とするらしいです、
自性清浄涅槃/無住処涅槃。
えーと、かなり乱暴に言えば、前者が「全てのものはそのままで素晴らしい」という境地に達する事であり、一般的に言われる悟り、にかなり近いのだと思います
後者は。自分一人が悟りを開いても、他人が煩悩に苦しめられている様を見てそのままにはしておけない。
故に“あえて涅槃の世界にとどまらず、衆生を助けよう”とする立場である、という様な。

僕が目指そうとするのはこの無住処涅槃、ですかね
個人の悟りにも非常に惹かれますが(この様な煩悩が介在したら即outだけどね!)、やはり、。
なんか西洋哲学についてで、何か東洋哲学は個人主義の極、みたいな事書きましたが。まずいっすね、
大きく誤解をしておりました、仏教にだってそりゃぁ世界を包摂する言説がありますよ!ってね!

しかしこの話を展開させていくのであればやはり理論的構築がなければ難しいのではないかと思ってしまう、
涅槃を、悟りをプッシュする文脈は非常に強い説得力を持っているけど、
無住処涅槃、に関しては、西洋哲学にフォローしてもらう必要があるんじゃないかしら、とか。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

kenken

Author:kenken
ベルクソン、フランス現象学辺りから時間/イメージ論にアプローチしております。
哲学をする、事は演劇をする事であり、演劇研究は哲学でしかあり得ないという考えの下に、両者の関係をより精緻に見ていきたいという所存で御座います。
いずれ演出、俳優業も再開したいなぁ、などと!


twitter
http://twitter.com/kenken_sebatex

mixi 読書カレンダー

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
407位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。