FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考の傾向

ワタクシの友人で一人、最近「悟り」基準でモノを考えている人間がおります、
この「テーブル」は「悟れ」るかどうか云々
こんな事を書いてもそいつを知らない人には全くピンとこないとは思われますが笑
簡略化して言ってしまえばどれだけ世の事物を面白く見る事が出来るか、という様な話で御座いましょうか。
簡潔すぎて全く伝わらない、ですがまぁ大体そんな事です。

勿論僕もその基準で物事をハカったりはするのですが
彼はとにかく極端な個人主義です。

自分さえ良ければ良い、というと言葉が悪いですが
誰かの幸せを考える、というのも最終的には自分に還元されていく。
誰でもそうで御座いましょう、あの人の為になら死ねる、も自分の快楽の為でしょう、
原理的に考えるならばそうでありましょう。

彼は社会学/者に対して疑念を持ちます。
ワタクシは専門家ではないのでこう言うと怒られてしまうかもしれませんが、
その学問の究極的な理念が「社会を良くする」事だとして、
絶対的な「良い」はあり得ないのだから、社会学者のしている事は魚屋で魚を売る事となんら変わらないと。
社会の成員の一人としては「役に立ってる」けど、それが他の人間と比べて「良い」事をしている事にはなっていない。

なるほど、その通りで御座いましょう。
しかしヘーゲル弁証法の様、絶対的な善に向かって止揚していく事は出来ずとも、
「より悪くない」方向を目指していく事は可能なのだと。

「悟る」にも様々なアプローチが御座います、と思います、。
他人の事を切に考える、これも人間の本質である様に思います。
彼は興味を持たなくても、僕が教育に強い関心を向けるのは、僕が集団主義的な思考の傾向を持っているからだと思います。

勿論個人主義者も他人の事を考えます。
しかし彼らが他人を「より悪くない」方向へ向かわせる為には、
一種の啓蒙、そして一種の宗教が必要になるでしょう。
その為には直接的な介入をしなければなりませんから、遠くの他人、はどうしようもありません。

これは批判等ではなく傾向の違いを示しただけです。
というか自分の立ち位置を確認しただけです。を、吐露。しただけです。
こう考えるともう少し色々思考がまとまるでしょうか、ね

ただ一つ言えば個人主義は実存主義に拠っていく事になるでしょう。
(現に彼はサルトル、カミュが大好きです)
ワタクシの勉強している戦後現代思想はやはり集団主義的な問題意識を持っている様な気が致します。



芸術は個人主義を貫けば美学的な要素に還元されていくでしょう、
集団主義的に考えればその政治性から眼を背ける事は出来ないでしょう。
なるほど、近年演劇批評が鴻英良を筆頭に芸術の政治性を重要視する意味も分かってくる様な気が致します。
もう少し思考してみる必要がありそうです、が。
スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

kenken

Author:kenken
ベルクソン、フランス現象学辺りから時間/イメージ論にアプローチしております。
哲学をする、事は演劇をする事であり、演劇研究は哲学でしかあり得ないという考えの下に、両者の関係をより精緻に見ていきたいという所存で御座います。
いずれ演出、俳優業も再開したいなぁ、などと!


twitter
http://twitter.com/kenken_sebatex

mixi 読書カレンダー

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
407位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。