FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇、一年総括

というタイトルでは御座いますが、
眠いし簡潔に今年のBEST3でも挙げるだけにしようかと思います
上位三つの順位はつけられん。

・『春琴』サイモンマクバーニー
まず深津絵里があんなに素晴らしい演技をする、って事にびっくりした。
後は何でしょう。何でしょうね。光にやられました。それに尽きます。

・『わが星』柴幸男
柴幸男を観るのは2回目だったけど、演劇のリズムを凄く上手く使う人だなぁという印象。
日常言語の、ヒューマンドラマの再構築で、ここまで壮大な物語を描く事が可能なのか!

・『あたしちゃん、行く先を言って』三浦基
特に役者の身体が特別な訳ではないのに、「人間」の可能性を見せつけられた様な。
太田省吾のテクストの美しさも相まって…、知覚の面白さは半端ないす。


来年はどんな芝居に出会えるかしらね、!
スポンサーサイト

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

kenken

Author:kenken
ベルクソン、フランス現象学辺りから時間/イメージ論にアプローチしております。
哲学をする、事は演劇をする事であり、演劇研究は哲学でしかあり得ないという考えの下に、両者の関係をより精緻に見ていきたいという所存で御座います。
いずれ演出、俳優業も再開したいなぁ、などと!


twitter
http://twitter.com/kenken_sebatex

mixi 読書カレンダー

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8237位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
515位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。